シリコンバレーを目指すStartup web3.0 Engineer

スタートアップやエンジニア向けにIT情報を発信します

Python で可変個引数を使用する

Python では、任意の数の引数やキーワード引数を、各引数を宣言することなく使用できます。 この機能は、関数で不明な数の入力を受け取る可能性がある場合に役立ちます。

 

可変個引数

可変個引数を使用するにはアスタリスク(*)を使用します。

def variable_length(*args):
    print(args)

 

時間の長さを計算する

def sequence_time(*args):
    total_minutes = sum(args)
    if total_minutes < 60:
        print(f"Total time to launch is {total_minutes} minutes")
    else:
        print(f"Total time to launch is {total_minutes/60} hours")
   

sequence_time(1, 2, 3)

>>>

Total time to launch is 6 minutes

 

 

可変個キーワード引数

関数が任意の数のキーワード引数を受け付けるようにするために、同様の構文を使用します。 この場合は、次のように二重アスタリスクが必要です。

def variable_length(**kwargs):
    print(kwargs)