Startup Web3.0 Data scientist's Blog

データサイエンスとメタバースの情報を発信します

【2022年度版】海外のWeb3開発者向けdiscordコミュニティ7選

目次一覧

 

 

1.Buildspace

discord.com

buildspaceはあなたがweb3開発者で、Web3に興味があるけど何から始めたらいいかわからないならオススメのサービスです。BuildspaceはYcombinator、a16z、Founder Inc.の支援を得ており、実際にものを作ることに焦点を当てた質の高いコミュニティにアクセスすることができます。登録すると、開発者のグループと進捗を共有できるチャンネルにアクセスできるようになります。Buildspaceは100%無料のサービスです。

 

2.CrytoDevHub

discord.com

CryptoDevHubブロックチェーンと暗号の開発者が学び、成長する場所です。もしあなたがブロックチェーン開発を学びたいなら、CryptoDevHubは正しい場所です。

CyptoDevHubは、ブロックチェーンと暗号技術に興味を持つ同じ考えを持つ人々を結びつけるためのコミュニティ主導の取り組みです。

CryptoDevHubは、ブロックチェーン開発を学ぶために必要なすべての情報と、あなたが始めるために必要なリソースを提供してくれます。

 

3.Alchemy

discord.com

Alchemyは、ブロックチェーン開発のためのAWSのようなサービスであり、その構築プラットフォーム層は、開発者がブロックチェーン革命を呼び起こす優れたアプリケーションを構築するために必要なものです。

Alchemy discord channelには9000人以上のメンバーがおり、beginner-dev, nft-development, dao-development, defi-development など様々なチャンネルにアクセスすることができます。アルケミーのdiscordサーバーに参加して、ブロックチェーンの世界で何が起こっているのかを理解しましょう。

 

4.OpenZeppelin

discord.com

OpenZeppelinは、最も利用されているNFTとDEFIプロジェクトに信頼されている暗号サイバーセキュリティです。OpenZeppelinは、Coinbase、Brave Browser、The Graph、ShapeShitなどから信頼を得ています。

OpenZeppelinは、分散型アプリケーションの構築、自動化、運用を支援します。彼らは、システムや製品のセキュリティ監査を実施するための主要な組織です。

OpenZeppelinグループに参加すると、今後のワークショップやブロックチェーン開発に関する彼らの定期的な最新情報を得ることができます。

 

discord.com

Chainlink Officialは、AAVE、Synthetic、Dydx、PancakeSwapなどの組織が信頼するあらゆるブロックチェーン上でスマートコントラクトを可能にします。

ChainlinkのDiscordサーバーには11万人のメンバーがおり、Chainlinkのエコシステムで何が起こっているのかを知るために、簡単にコミュニティと交流することができます。

Discordサーバーに参加すると、ブロックチェーン開発、仕事、ワークショップに関する最新情報を受け取ることができ、また、今後のハッカソンに関するアップデートも行われます。

 

6.Ethereum

https://ethereum.org/en/

discord.com

Ethereum.orgは、デジタルマネー、決済、非中央集権型アプリケーションを推進する技術です。イーサリアムを知らなければWeb3の知識は不完全なものとなり、イーサリアムブロックチェーンを実行するプラットフォームです。

もし分散型アプリケーションを構築したいのであれば、イーサリアムコミュニティへのい参加がオススメです。

 

7.The Daily Gwei

https://thedailygwei.substack.com/

discord.com

The Daily Gweiは、イーサリアムのエコシステムで何が起こっているのかをアップデートするのに役立つ教育、ツール、リソースを提供します。

Daily Gwei discordサーバーグループでは、価格や取引、eth1、eth2、Defi、NFTs、Metaverse、DAOについて議論するさまざまなチャンネルがあります。

 

 

その他のWeb3開発者向けCommunities一覧

thehiveindex.com

thehiveindex.com

 

イーロンマスクからのアドバイス「仕事で大切にすべき4つのポイント」

イーロン・マスク USC卒業式スピーチ|USCマーシャル・スクール・オブ・ビジネス 学部卒業式2014

youtu.be

 

和訳された動画はこちら

www.youtube.com

 

 

動画の和訳

 

1.とにかくスーパーハードに働くこと

まず言いたいことは、「スーパーハードに働く」ということです。起業する人はとくにそうですが、スーパーハードに働く必要があります。何を仕事にするかにもよりますが、特に最初の職場ではとにかく忙しく働く必要があります。「スーパーハード」とはどういうことでしょうか?

 

弟と私が起業したときは、アパートの代わりに小さなオフィスを借りて、寝泊まりをしていました。シャワーはYMCAで済ませていました。とにかく大変で、コンピュータも1つしか持っていませんでした。昼にサイトを編集して、夜はコーディングをしていました。毎日、どんなときも。

 

当時付き合っていたガールフレンドもオフィスで寝泊まりしていたほどです。起きてる時は常に働く。特に起業する人には言っておきたいことです。他の人が週に50時間働くなら自分は100時間働けば2倍のことを成し遂げられるはずです。

 

2.グレートな人達と働くこと

次に言いたいのは、起業するにしても就職するにしても何より大事なのは、グレートな人達と働くように挑戦することです。

 

素晴らしいと思えるグループに参加するにしても、会社を作るにしても、グレートな人達を集めるというのは必須です。いかなる会社も、商品やサービスを生み出すために集められたグループなのです。

 

グループの仕事を信頼し、正しい方向において結束することが会社に成功をもたらします。ですから起業するのであれば、何がなんでもグレートな人達を集めましょう。

 

 

3.商品や、サービスに焦点をあわせること

3つ目、雑音にも注意しなければなりません。商品の改善に関係のないことにお金を使ってしまったりと、これには多くの会社が混乱していますね。

 

例えばテスラでは、宣伝費にお金を決して使いません。商品である車そのものを良くするため、全てのお金は研究開発、製造とデザインにお金を使います。どうすれば最高の車が作れるのか。それにフォーカスすべきです。

 

いかなる会社においても、「努力がいい商品やいいサービスというかたちで、結果に表れているか」。これを常に考えなければいけません。結果が出ていなければ、その努力はやめる必要があります。

 

そしてその努力が良いサービスや製品作りに繋がっているのか見極める必要があります。もしそうでないなら止めるべきです。

 

 

4.トレンドに流されないこと

最後のテーマは「流行に流されない」ということです。物理学的アプローチや物理学の第一原則の観点から考えてみてください。類推ではなく、自分の想像できる限界まで突き詰めて考える。このように突き詰めていけば、本当に意味を成すことなのか、他の人たちがただ行っているだけなのかちょっと見極めることが出来ます。全ての事を見極めることは困難で努力のいることです。ただ、それでも新しいことがしたいのであればこれが一番の方法です。これが物理学者が発展させたフレームワークです。この方法はとてもパワフルな方法です。これは、本当に意味のあることなのか、ただ他人がやっていることなのかを判断するいい方法です。全てに対してその考え方が使えるわけではありませんし、結構な努力が必要なので難しいのですが。しかし、何か新しいことがやりたいのならこれは最善の方法だと思います。

 

 

5.リスクをとること

最後に言いたいことは、今こそリスクをとる時だということです。あなた達にはまだ子どもがいませんよね? それから債務も。

 

歳をとるにつれ、やらなければいけないことは増えます。家族を持てば、自分自身だけでなく家族のためにもリスクを負わなければなりません。難しいことに取り組むことは、より困難になります。ですから今こそが、チャンスなのです。

 

こういった義務に取り組む前に、今リスクをとってほしいのです。大胆にやりましょう。あなた達ならできます。

 

PaypalやPalantirの創業者であるPeter Thiel 「競争するのは負け犬」

Competition is For Losers - Peter Thielの講義内容の和訳

         ゼロ・トゥ・ワン 君はゼロから何を生み出せるか | ピーター・ティール, ブレイク・マスターズ, 瀧本 哲史, 関 美和 |本 | 通販 |  Amazon

 

youtu.be

 

ショートバージョン

youtu.be

 

AIを使った要約

私がビジネス面で完全にこだわっているのは、ある一つの考え方です。 それは、もしあなたが創業者、起業家として会社を興すなら、常に独占を目指し、常に競争を避けたいということです。 ですから、競争は敗者のためのものなのです。 つまり、価値のある会社を作るには、価値のあるものを作り、その価値の何割かを獲得する必要があるのです。 直感的なレベルでは、もしあなたが、すべての航空旅行をなくしたいか、それとも検索エンジンをあきらめるか、という選択を迫られたら、航空旅行は検索よりも重要なものだと思うでしょう。 特に物事が静止している世界では、完全競争は効率的です。 完全競争から独占までの企業のスペクトルがあったと想像すると、独占している人たちはそうでないふりをするので、見かけ上の差はかなり小さいのです。 こうした企業の多くが、あまりにも小さな市場から始めているため、始めた当初はまったく価値がないと思われているのが、逆に不思議なところです。 ですから、市場規模を分析すれば、レストランは参入するのに最適なビジネスであると結論付けられます。 そこで足がかりをつかみ、その市場が拡大すれば、大きな独占事業へとスケールアップすることができるのです。

text-summary.com

 

講義内容の和訳

Sam: さて、こんにちは。今日のスピーカーは Peter Thiel です。PayPal、Palantir、Founders Fund の創業者で、シリコンバレーのほとんどのテック企業に投資してきました。戦略や競争についてお話いただきます。ピーターさん、お越しいただきありがとうございます。


ピーター お招きいただき、ありがとうございます。


私がビジネス面で完全にこだわっているのは、ある一つの考え方です。それは、もしあなたが創業者、起業家として会社を興すなら、常に独占を目指し、常に競争を避けたいということです。ですから、競争は敗者のためのものなのです。


まず、企業を立ち上げる際の基本的な考え方として、どのように価値を創造していくのか、ということからお話ししたいと思います。何がその事業の価値を高めるのか。もし価値ある企業であれば、2つのことが言えると思います。1つ目は、その企業が世の中に「X」ドルの価値を生み出していること。2つ目は、「X」の「Y」パーセントを獲得していることです。そして、この種の分析において人々がいつも見逃してしまう重要なことは、「X」と「Y」は完全に独立した変数であるということです。したがって、「X」は非常に大きくなることもあれば、「Y」は非常に小さくなることもあります。「X」が中間的な大きさでも、「Y」がそれなりに大きければ、非常に大きなビジネスができるのです。


つまり、価値のある会社を作るには、価値のあるものを作り、その価値の何割かを獲得する必要があるのです。例えば、アメリカの航空業界とGoogleのような検索業界を比較した場合、業界の規模を収益で測ると、航空会社の方が検索よりも重要であると言えるでしょう。[航空会社の場合、2012年の国内売上は1950億ドルですが、Googleの売上は500億ドル強です。直感的なレベルでは、もしあなたが、すべての航空旅行をなくしたいか、それとも検索エンジンをあきらめるか、という選択を迫られたら、航空旅行は検索よりも重要なものだと思うでしょう。もちろん、これは国内だけの数字です。


世界的に見れば、航空会社は検索よりも、Googleよりもずっと大きな存在ですが、利益率はかなり低いです。航空業界の100年の歴史の中で、アメリカでの累積利益はゼロに等しいと私は考えています。航空会社は儲かっては倒産し、資本を増強され、その繰り返しです。このことは、航空業界の時価総額を合計すると、Googleの4分の1程度になることにも表れています。つまり、検索は航空業界よりもはるかに小さいですが、はるかに価値の高いものなのです。これは、"X "と "Y "に対する評価が全く異なることを反映していると思います。


完全競争の世界には、賛否両論があります。経済学の教授が完全競争の話を好むのは、それが理由です。特に物事が静止している世界では、完全競争は効率的です。なぜなら、すべての消費者余剰が全員に分配され、政治的にも、私たちの社会では良いことだと言われています。もちろん、マイナス面もたくさんあります。超競争的なことに関わると、儲からないことが多いので、一般的にはあまり良いことではありません。この点については、後でまた少し触れます。一方は完全に競争的な産業、もう一方は独占的な産業で、より安定した長期的なビジネスです。


私がいつも言っている極端な二元論とは、この世には2種類のビジネスが存在するということです。その中間は驚くほど少ないのです。この2種類のビジネスがよく理解されていないのは、人々が常に自分が行っているビジネスの性質について嘘をついているからです。私の考えでは、これは必ずしもビジネスで最も重要なことではありません。しかし、人々が理解していない最も重要なビジネス上の考え方は、ビジネスにはこの2種類しかないということです。

 

そこで、人がつく嘘について少しお話します。完全競争から独占までの企業のスペクトルがあったと想像すると、独占している人たちはそうでないふりをするので、見かけ上の差はかなり小さいのです。彼らは基本的に、政府から規制されたくないから、政府に狙われたくないから、自分が独占しているとは絶対に言わない、と言うでしょう。独占している人は、信じられないような競争をしているふりをします。逆に、信じられないような競争をしていて、絶対に儲からないようなビジネスをしている人は、逆の方向の嘘をつきたくなるものです。独占企業が独占していないふりをし、非独占企業が独占しているふりをすると、見かけの差は非常に小さくなりますが、実際の差は非常に大きくなります。つまり、人々が自分のビジネスについて語る嘘のために、ビジネスの歪みが生じ、その嘘はある種、正反対の方向にあるのです。


このような嘘がどのように働くのか、もう少し掘り下げてみましょう。非独占企業としてつく基本的な嘘は、「私たちは非常に小さな市場にいる」というものです。独占企業としてつく基本的な嘘は、自分がいる市場は見た目よりずっと大きいというものです。ですから、集合論の用語で考えるなら、独占企業は自分のビジネスをこれらの大きく異なる市場の連合体として説明し、非独占企業はその交差点として説明するという嘘をつくと言えるでしょう。つまり、事実上、非独占企業であれば、自分の市場は超小さい、その市場には自分しかいない、と美辞麗句を並べることになります。もしあなたが独占企業であれば、その市場は超大きく、たくさんの競争があると表現するでしょう。


これが実際にどのように機能するか、いくつか例を挙げてみましょう。私はいつもひどいビジネスの例としてレストランを使いますが、これはいつも資本(蓄積)と競争は反意語であるという考え方のようなものです。誰かが資本を蓄積した場合、完全競争の世界とは、すべての資本が競争によって奪われる世界です。レストランを開業しても、赤字になるだけなので誰も投資しようとせず、何か特異な物語を語らなければなりません。「パロアルトにある唯一のイギリス料理レストランです」。マウンテンビューやメンローパークに行けば、イギリス料理しか食べない人はいないでしょうし、少なくとも生きている人はいないでしょうから、マーケットとしては小さすぎるんです。


つまり、架空の狭いマーケットなのです。ハリウッド版では、アメフトのスター選手がエリートハッカー集団に加わって、友人を殺したサメを捕まえるというような、映画でよくある展開があります。これはまだ作られていない映画ですが、問題は、"これは正しいカテゴリーなのか、それとも正しいカテゴリーは、ただの映画なのか "ということです。ハリウッドで映画を作り、お金を稼ぐ人はいないでしょうし、本当に大変です。


ハリウッドで映画を作っても、誰も儲からない。それは意味があることなのか?価値があるのか?もちろん、これにはスタートアップのバージョンもあり、本当にひどいバージョンでは、共有、モバイル、ソーシャルアプリといった一連のバズワードを組み合わせて、ある種の物語を作るだけです。このようなレトリックが交差するとき、一般的にはうまくいかないというのがパターン認識です。ノースダコタスタンフォードのようなもので、唯一無二の存在ですが、スタンフォードではありません。

 

逆の嘘を見てみましょう。例えば、ここから通りを下ったところにある検索会社で、約66%の市場シェアを持ち、検索市場において完全に支配的であるとします。Googleは最近、自社を検索エンジンだとはほとんど言わず、さまざまな表現で自らを表現します。その代わり、さまざまな表現をしています。90年代にマイクロソフトが持っていたものよりはるかに大きく堅牢な独占企業であり、だからこれほど儲かっているのかもしれません。しかし、広告市場だとすると、検索広告は170億円で、これはオンライン広告の一部で、もっと大きなものです。


広告会社になりたくないのであれば、テクノロジー会社になるという手もあります。テクノロジー市場は1兆ドル規模の市場ですが、Googleとテクノロジー市場について語るとき、私たちは自動運転車ですべての自動車会社と競合し、テレビやiPhoneAppleと競合し、Facebookと競合している、と言われるでしょう。マイクロソフトとはオフィス製品で競合し、アマゾンとはクラウドサービスで競合しています。この巨大なテクノロジー市場では、あらゆる方向で競合が発生しています。ですから、市場の性質を一方的に歪めてしまう非常に強力な誘因があることを、常に意識していなければならないと思います。


アップル、グーグル、マイクロソフト、アマゾンといった大手ハイテク企業を見てみると、彼らは毎年現金を積み上げてきており、信じられないほど高い利益率を誇っています。アメリカのハイテク産業がこれほどまでに財政的に成功している理由の一つは、独占的なビジネスを生み出す傾向があるためだと思います。


独占企業の作り方について少しお話させてください。この独占企業のスレッドから出てきた非常に直感に反するアイデアの1つは、小さな市場を狙うということです。もしあなたが新興企業なら、独占を目指したいでしょう。新しい会社を立ち上げるなら、独占を目指したいものです。独占企業は大きなシェアを持っていますが、どのようにして大きなシェアを獲得するのでしょうか?本当に小さな市場から始めて、市場全体を手に入れ、時間をかけて同心円状にその市場を拡大する方法を見出すのです。

 

シリコンバレーで成功した企業のほとんどは、小さな市場から始めて拡大するというモデルを持っていました。アマゾンを例に挙げると、「世界中の本が揃っている」という書店からスタートし、1990年代にスタートした時点では、世界中のどこよりも優れた書店になっていました。オンラインだから、それまでできなかったことができるようになり、次第にさまざまな形態の電子商取引や、その先にある他のものへと拡大していきます。


eBayでは、Pezディスペンサーから始まり、ビーニー・ベイビーに移行し、最終的にはあらゆる種類の商品のオンライン・オークションになります。こうした企業の多くが、あまりにも小さな市場から始めているため、始めた当初はまったく価値がないと思われているのが、逆に不思議なところです。PayPalの例では、Ebayのパワーセラーからスタートしましたが、その規模は約2万人でした。1999年12月、2000年1月、私たちが初めてこのような状況を目にしたとき、この市場はとても小さく、ひどいものだ、インターネット上でガラクタを売っているだけの人たちだ、なぜこの市場を狙わなければならないのだろう、という思いがありました。


しかし、その市場のすべての人にとってずっと良い製品を手に入れる方法がありました。2、3カ月で25~30パーセントの市場浸透率を達成し、ブランド認知も進み、そこからビジネスを構築することができるようになりました。私はいつも、こうした非常に小さな市場は過小評価されていると考えています。私がいつも言っているのは、Facebookの最初の市場がハーバード大学の1万人だったとしたら、10日間でゼロから60%の市場シェアになったというのは、非常に幸先のよいスタートだったということです。ビジネススクールでこのような分析がなされる場合、「そんなバカな、市場規模が小さいから価値があるはずがない」というのが常套句です。初期のFacebook、初期のPaypal、初期のEbayについてビジネススクールが分析するのは、おそらく市場が小さすぎてほとんど価値がなく、小さいままだったらほとんど価値がなかっただろうが、集中的に成長させる方法があることがわかり、それが価値を高めたということです。


この10年間、クリーンテック企業にはさまざまな失敗がありました。しかし、ほぼすべての企業に共通するテーマは、巨大な市場からスタートしたということです。シリコンバレーでのクリーンテック・バブルである2005年から2008年にかけて、クリーンテックのパワーポイント・プレゼンテーションを目にした人は皆、エネルギー市場、つまり何千、何億、何兆ドルという単位で計測される市場からスタートしたのです。そして、広大な海の中の雑魚のような存在になると、そこはあまり良い場所とは言えません。つまり、競合他社が山ほどいて、その競合他社が誰なのかさえもわからないということです。


あなたは、オンリーワンの企業になりたいと思っているはずです。小さなエコシステムの中で、唯一のプレイヤーになりたい。4番目のオンライン・ペットフード会社にはなりたくないでしょうし、4番目のオンライン・ペットフード会社にもなりたくないでしょう。10番目のソーラーパネル会社になりたいわけでもない。パロアルトにある100軒目のレストランになりたいとは思わないでしょう。外食産業は1兆ドル規模の産業です。ですから、市場規模を分析すれば、レストランは参入するのに最適なビジネスであると結論付けられます。そして、既存の市場が大きいということは、通常、競合が大量にいるということなので、差別化が非常に難しいのです。最初の直感に反するアイデアは、小さな市場、つまり、人々が意味があるとさえ思わないような小さな市場を狙うことです。そこで足がかりをつかみ、その市場が拡大すれば、大きな独占事業へとスケールアップすることができるのです。

 

このような独占的なビジネスには、いくつかの異なる特徴があり、それに注目したいと思います。単一の公式は存在しない テクノロジーの歴史において、すべての瞬間は一度しか起こらないという感覚が常にあります。次のマーク・ザッカーバーグソーシャルネットワークを作らないし、次のラリー・ペイジ検索エンジンを作らないし、次のビル・ゲイツオペレーティングシステムを作らないでしょう。もしあなたがこれらの人々の真似をしているならば、彼らから学んでいないことになります。


これまでにないことをやっている、非常にユニークなビジネスが常に存在し、独占の可能性を持つに至っているのです。アンナ・カレーニナ』の冒頭のセリフ、幸せな家庭はみんな似ていて、不幸な家庭はみんな特別に不幸だというのは、ビジネスでは当てはまらない。幸せな会社はみんな違っていて、とてもユニークなことをやっているからだと思うんです。不幸な会社は、競争における本質的な同一性から逃れられなかったから、みんな似ているのです。


独占的な技術を持つ企業の特徴の1つは、ある種の独自技術です。私の経験則では、次善の策よりも一桁以上優れた技術を持つことが望ましいと考えます。アマゾンは10倍以上の書籍があり、それほどハイテクではないかもしれませんが、10倍の書籍を売ることができ、その過程でより効率的であると考えるのです。PayPalの場合、ビル・ターナーはEbayでお金を送るのに小切手を使っていましたが、決済に7~10日かかっていました。ある重要な次元で、非常に強力な改善、つまり桁違いの改善が必要なのです。もちろん、まったく新しいものを開発すれば、それは無限の改善と同じです。iPhoneは初めて機能したスマートフォンだと言えますが、実際にはそうではないかもしれませんが、それほど間違いなく一桁の向上があったのです。ですから、次善の策と比較して、大きなデルタを与えるような技術でなければならないと思います。


ネットワーク効果というのは、しばしばその効果を発揮し、時間の経過とともに独占につながります。ネットワーク効果には常に、「なぜ最初に何かを始めた人に価値があるのか」という非常に難しい問題があります。規模の経済、つまり固定費が非常に高く限界費用が非常に低いものがあれば、それは典型的な独占的ビジネスとなります。


そして、人々の脳裏に焼きついている「ブランディング」という考え方もあります。私はブランディングの仕組みをよく理解していないので、ブランディングだけを目的とした企業には投資しませんが、ブランディングは本当の価値を生み出す現象だと思います。最後に少し触れますが、ソフトウェアビジネスは、なぜかこういったことを得意としていることが多いのが印象的です。ソフトウェアの限界費用がゼロであるため、規模の経済の部分が特に優れているのです。ですから、ソフトウェアでうまくいくものがあれば、それは既存のソリューションよりもはるかに優れていることが多く、また、非常に大きな規模の経済性を持っているので、かなり速くスケールアップすることができます。


ですから、たとえ市場が小さく始まっても、成長する市場と同じ規模を維持できるほど迅速にビジネスを拡大し、独占的な力を維持することができるのです。このような独占状態において重要なことは、一時的に独占しているだけでは不十分だということです。シリコンバレーでは、常に「一番乗りを目指す」という考え方がありますが、私はある意味で「最後の番人」を目指す方が良いのではないかと思っています。そのカテゴリーで最後の1社になること、それが本当に有効なのです。マイクロソフトは、少なくとも何十年もの間、最後のオペレーティングシステムでした。Googleは最後の検索エンジンでした。Facebookは、ソーシャルネットワーキングサイトの最後の1つであることが分かれば、価値があります。

 

このLast Mover Valueを考える一つの方法として、これらの企業の価値の大部分は遥か未来に存在するという考え方があります。事業の割引キャッシュフロー分析を行うと、これらの利益の流れをすべて見ることができ、成長率があり、成長率は割引率よりもはるかに高いので、価値のほとんどははるか未来に存在することになります。2001年3月にPay Palでこの演習を行いました。創業して27ヶ月、成長率は年間100%、将来のキャッシュフローを30%で割り引いていました。2001年時点の事業価値の約4分の3は、2011年以降のキャッシュフローによるものだということがわかりました。


このようなハイテク企業について計算をすると、必ずこのような答えが返ってきます。シリコンバレーのハイテク企業、AirBnBTwitterFacebook、新興のインターネット企業、Y Combinatorに所属するすべての企業を分析しようとすると、計算上、価値の4分の3、85%は2024年以降のキャッシュフローから得られていることが分かります。シリコンバレーでは、成長率を過大評価し、耐久性を過小評価する傾向があります。


成長率は、今ここで測定できるもので、常に非常に正確に追跡することができます。しかし、10年後にその企業が存続しているかどうかという問題は、実は価値の方程式を支配するものであり、より定性的なものなのです。独占の特性、独自技術、ネットワーク効果、規模の経済という考え方に戻ると、これらの特性は、市場を獲得して支配した瞬間に存在するものと考えることができますが、同時に、これらの特性が長期にわたって続くかどうかについても考えたいものです。このように、すべての特性には時間的な側面があるのです。ネットワークが拡大すればするほど、ネットワーク効果はより強固なものになりますから、ネットワークビジネスがあれば、時間の経過とともに、より大きく強力な独占企業になれることがよくあります。


独自の技術というのは常に少し厄介なもので、現在の世界の最先端技術よりも一桁以上優れているものが必要です。そうすることで、人々の注目を集め、突破口を開くことができるのです。しかし、他の誰かに取って代わられるのは嫌ですよね。だから、ものすごい技術革新があったのに、誰も儲からなかった分野がたくさんあるんです。1980年代のディスクドライブ製造では、誰よりも優れたディスクドライブを作って世界を席巻しても、2年後には他の誰かがやってきて、自分のものに取って代わります。15年の間にディスクドライブは大幅に改善され、消費者には大きな利益をもたらしましたが、会社を興した人たちには何の役にも立ちませんでした。


技術的に大きなブレークスルーを遂げたとしても、それがなぜ最後のブレークスルーになるのか、少なくとも長い間最後のブレークスルーになるのか、ブレークスルーを遂げたとしても、誰も追いつけないほど速いペースでそれを改良し続けることができるのかを説明できるかどうか、ということがいつも問題になります。ですから、もしあなたが、多くのイノベーションがあり、他の人々が新しいものを生み出し、あなたが取り組んでいるものがあるという未来の構造を持っているならば、それは社会にとって素晴らしいことです。しかし、それは社会にとっては素晴らしいことですが、あなたのビジネスにとってはあまり良いことではありません。そして、規模の経済についてはすでに述べたとおりです。この「最後の一人」は非常に重要だと思います。チェスに例えるのは気が引けるのですが、チェスで最初に動くのは白番の人、白番は3分の1ポーンほど有利なので、先に動くことのメリットはわずかです。ゲームに勝つのは最後の仕掛け人でありたいから、いつもチェスの世界チャンピオン、カパブランカのセリフがある。"You must begin by studying the end game."(最後のゲームを研究することから始めなければならない)。10年後、15年後、20年後に、なぜこの会社がリーディングカンパニーであり続けることができるのか、ということを考える視点は、本当に重要だと思います。

 

私は、この独占対競争の考え方について、少し別の2つの方向に進みたいと思います。これは、ビジネス、起業、そしてビジネスについて考える上で、私の頭の中にある中心的な考えです。技術や科学における革新の歴史全体について、非常に興味深い視点があると思います。私たちは300年にわたり、さまざまな領域で驚異的な技術進歩を遂げてきました。蒸気機関車から鉄道、電話、冷蔵、家電製品、コンピューター革命、航空など、あらゆる分野で技術革新が進みました。科学についても同様で、私たちは何世紀もの間、科学における膨大な量の技術革新の中で生きてきました。


「X」と「Y」が独立した変数であるため、非常に価値のあるイノベーションであっても、それを発明した人、思いついた人が報われることはないのです。確かに、Xドルの価値を創造する必要があり、XのYパーセントを捕らえるということに戻れば、科学の歴史は概してYが全面的に0パーセントであり、科学者は決してお金を稼がないというものだったと言えるでしょう。科学者は常に、自分の仕事や発明が報われる公正な宇宙に住んでいると思い込んでいるのです。これはおそらく、科学者がこの社会で陥りがちな根本的な妄想でしょう。技術分野でも、社会にとって大きな価値を生み出す偉大な革新があったにもかかわらず、人々がその価値をあまり享受できなかったという例がたくさんあります。ですから、科学技術の歴史は、実際にどれだけの価値を獲得できたかという観点から語ることができると思います。確かに、人々が何も獲得できなかった分野全体があります。


20世紀で最も賢い物理学者で、特殊相対性理論を考え出し、一般相対性理論を考え出したとしても、億万長者にはなれず、百万長者にさえなれません。億万長者にもなれない。鉄道は非常に価値のあるものでしたが、競争が激しすぎたため、ほとんどが倒産してしまいました。ライト兄弟は、最初の飛行機を飛ばしても、何のお金にもなりません。ですから、これらの産業には非常に重要な構造があると思います。


成功例というのは、実は少ないのです。この250年の歴史を振り返ってみると、科学や技術の分野ではほとんど常にゼロ%なのです。人々がお金を稼いだことは非常に稀です。18世紀後半から19世紀初頭にかけて、最初の産業革命は織物工場でした。蒸気機関を手に入れ、物事を自動化しました。繊維工場や製造業全般の効率を、毎年、毎年、10年ごとに5〜7%ずつ、絶え間なく向上させていったのです。1780年から1850年までの60〜70年間、驚異的な改善を続けてきたのです。1850年でさえ、英国の富の大半はまだ地主貴族にあり、労働者はそれほど稼げませんでした。資本家もそれほど儲かっておらず、すべて奪い合いだった。何百人もの人が織物工場を経営していましたが、競争の構造上、お金を稼ぐことができない産業だったのです。


私の考えでは、過去250年の歴史の中で、人々が実際に新しいことを考え出し、それによってお金を稼いだのは、おそらく2つの大きなカテゴリーだけでしょう。一つは、19世紀末から20世紀初頭にかけての第二次産業革命で人々が築いた垂直統合型の複合独占企業です。フォードやスタンダード・オイルのような垂直統合型石油会社がそうです。これらの垂直統合型独占が通常必要としたのは、非常に複雑な調整で、たくさんのピースをちょうどいい具合に組み合わせ、それを組み立てると、とてつもなく有利になります。このように、垂直統合型独占企業には、非常に複雑な調整が必要で、それを適切に組み合わせることができれば、非常に有利になります。

 

一般的には、かなり資本集約的で、超複雑で建設に時間がかかるものを人々に買ってもらうのは非常に難しい文化に私たちは生きています。私の同僚であり友人でもあるPayPalのイーロンは、テスラやスペースXで成功を収めましたが、これらの企業の鍵は、複雑な垂直統合型の独占構造にあったと私は考えています。テスラやスペースXを見て、何か1つのブレークスルーがあったかというと、彼らは確かに様々な次元でイノベーションを起こしていますが、バッテリーストレージで10倍のブレークスルーがあったとは思えませんし、ロケットで何か取り組んでいたかもしれませんが、1つの大きなブレークスルーというものはなかったと思うのです。しかし、本当に印象的だったのは、これらの部品をすべて統合し、他の競合他社よりも垂直統合された方法でそれを行ったことです。


テスラは、アメリカの他の自動車産業で起こったように、自動車販売会社がすべてのお金を盗むことがないように、自動車販売会社も統合していました。また、SpaceXは基本的に下請け会社をすべて取り込んでいます。ほとんどの大手航空宇宙企業は、下請け会社を1社に絞り、独占的な利益を得ることができるため、総合航空宇宙企業が収益を上げるのは非常に困難です。垂直統合は、技術進歩の様式としてはあまり研究されていないもので、人々はもっと目を向けるべきものだと思います。


それから、ソフトウェア自体も非常に強力だと思います。たとえ小さな市場であっても、普及速度が遅ければ、他の企業がその市場に参入して競争するのに十分な時間がかかってしまうからです。一方、中小規模の市場であっても、導入速度が速ければ、その市場を支配することができます。これが、シリコンバレーが成功した理由の一つであり、ソフトウェアが驚異的な産業である理由だと思います。


あるものがなぜうまくいき、あるものがなぜうまくいかないかについて、人々はさまざまな合理化をしますが、これらの合理化は常に、「X」ドルの価値を生み出し、「X」の「Y」パーセントを獲得するという問題をあいまいにしていると思います。科学者の合理化とは、科学者は金儲けには興味がない、というものです。科学者は金儲けには興味がない、慈善事業としてやっている、金で動くようでは良い科学者ではない、と。私は、人々が常にお金によって動機づけされるべきであるとか、このようなことを言っているわけではありませんが、私たちはこの合理化に対してもう少し批判的になるべきだと思います。これは、「Y」が0%に等しいという事実を覆い隠すための合理化であり、科学者たちは、すべてのイノベーションが事実上奪い合われ、そのうちの何一つ直接的に捉えることができないというこの種の世界で活動しているのだろうかと問うべきなのでしょう。


ソフトウェアの歪みは、人々がソフトウェアで巨万の富を築いているため、これが世界で最も価値のあることだと推測してしまうのです。Twitterの人々は何十億ドルも稼いでいるわけですから、Twitterアインシュタインのやったことよりもずっと価値があるに違いないのです。「X」と「Y」は独立した変数であり、「X」をたくさん獲得できるビジネスとそうでないビジネスがある、ということです。イノベーションの歴史は、ミクロ経済学、つまり産業の構造が非常に重要であった歴史であると思います。

 

そうやって合理化するだけではいけないんです。このことをもっと理解する価値があると思います。最後に、この講演の包括的なテーマである「競争は敗者のもの」という考え方に話を戻しますが、これはいつも挑発的なタイトルの付け方です。高校で陸上部の足が遅い人、標準学力テストの成績が少し悪い人、いい学校に入れない人などが敗者だと考えています。ですから、私たちは常に敗者とは競争できない人たちのことだと考えています。


独占と競争の二項対立を知的に理解していないだけではないのです。なぜ知的には理解できないかというと、人々が嘘をつき、歪曲され、イノベーションの歴史が非常に奇妙な方法でそれを合理化しているからです。知的な盲点というよりも、心理的な盲点だと思います。私たちは競争にとても魅力を感じていて、何らかの形で、他の人がやっていれば安心すると思っているのです。シェイクスピアの時代にはすでに、猿という言葉は霊長類と模倣を意味し、それは人間の本質に関わるものです。


また、競争というのは、他の多くの人が目指しているものを自分も目指すという、自己確認の一種でもあります。群衆の知恵があるわけではありませんし、多くの人が何かをしようとすることが、それが価値あるものであることの最良の証明というわけでもないのです。多くの人が何かをしようとしているときこそ、狂気の証拠であることが多いのではないでしょうか。映画スターになるためにロサンゼルスに移住する人が年間2万人いますが、そのうち成功するのは20人くらいです。オリンピックは、自分が優秀かどうかがすぐにわかるので、社会的な損失が少なくて済むからです。スタンフォード大学以前の教育現場では、常に非競争的な性格の教育が行われてきました。この部屋にいるほとんどの人がマシンガンを持っていて、弓矢を持った人と競争していたと思います。ですから、中学生や高校生になると、並行して競争していたわけではありません。大会は続けていくことで意味を成すのか、という疑問が常にあります。


大学院や博士課程に進む人たちは、競技の激しさに本当に意味があるのだろうか、という疑問が常にあります。ヘンリー・キッシンジャーハーバード大学の同僚教授について述べた古典的なセリフがあります。「賭け金がとても小さいので、戦いはとても熾烈だった」と。しかし、これは単に状況の論理の働きでもあると思います。他人と自分を差別化するのが本当に難しかったとき、その違いが、目的の違いが本当に小さいとき、ある種の違いを維持するために猛烈に競争しなければならないのです。それは、現実というより架空のものであることが多いのです。個人的な話ですが、私はいつもハイパートラックのような状態でした。中学2年生のときの年鑑に、ある友人が「君はスタンフォードに入れるよ」と書いていました。4年後、私はスタンフォードロースクールに行き、ニューヨークの大きな法律事務所に入りました。外からは誰もが入りたがり、内からは誰もが辞めたがる、とても不思議な環境でした。

 

ホールで他の人たちから、「あなたが出て行ってくれて本当に心強いわ」「ピーター、アルカトラズから脱出できるなんて知らなかったわ」「もちろん、玄関から外に出て、戻ってこなければいいだけなんだけどね」と言われました。しかし、人々のアイデンティティは、こうした競争に勝つことに包まれてしまい、いつの間にか何が重要で何が価値あるものかを見失ってしまったのです。なぜなら、競争しているときは、周りの人と自分を比べているからです。どうすれば隣の人に勝てるか、どうすれば彼らがやっていることよりもうまくやれるかを考えているうちに、だんだんうまくなっていくんです。でも、本当に大切なものは何か、本当に価値のあるものは何か、もっと大きな問いを立てることをやめてしまうと、しばしばこのとてつもない代償を払うことになります。誰もが急いで通ろうとする小さな扉をいつも通るのではなく、角を曲がって、誰も通らないような大きな門をくぐってみてはいかがでしょうか。


Q: あるアイデアを見たり、自分のアイデアを考えたりするときに、(独占と非独占の)違いを判断する方法はあるのでしょうか?


A: 私がいつも重視しているのは、実際の市場はどうなっているのか、ということです。というのも、市場についてはいつでも、もっと大きいとか小さいとか、架空のストーリーを語ることができるからです。しかし、本当の客観的な市場は何なのでしょうか。常にそれを理解しようとすると、人々はこうしたことを強力に歪めるインセンティブを持っていることに気づきます。


Q: では、あなたがおっしゃったことのうち、どの点がGoogleに当てはまるとお考えでしょうか?


A: Googleには広告ネットワークによるネットワーク効果があり、ページランクアルゴリズムという他の検索エンジンとは桁違いの独自技術があったため、最初のリードを奪うことができました。また、さまざまなサイトを保存する必要があるため、スケールアップの経済性があり、さらに現時点ではブランドもあります。現時点では、独自技術はやや弱いかもしれませんが、4つすべてを持っていたことは間違いありません。


Q: PalantirとSquareはどうなるのでしょうか?


A: 携帯電話の決済システムを模倣している企業群です。Square、PayPal、それぞれ形が違うので、三角形、四角形と差別化できていますね。しかし、パランティアでは、情報機関という小さなマーケットにフォーカスしてスタートしました。私たちは、一般的なパラダイムである代替ではなく、人間によるコンピュータ合成に焦点を当てた、非常に異なるアプローチを用いた独自の技術を持っていました。つまり、市場アプローチと独自技術には、さまざまなものがあるのです。


Q:リーンスタートアップについてどう思われますか?


A: そこで質問ですが、リーンスタートアップや、人々からフィードバックを得る反復的思考と、うまくいかないかもしれない複雑さについてどう思われますか?


私は、個人的には、リーンスタートアップの方法論にはかなり懐疑的です。本当に優れた企業は、他の企業とは一線を画すような、より量子的な改善を行ったと思うのです。これらの企業の経営者は、常にではありませんが、軽度のアスペルガーに悩まされていることもあり、他の人の言うことにそれほど影響されず、簡単に思いとどまることもありませんでした。私たちは、モダリティとしてのイテレーションに焦点を当てすぎていて、一般の人たちとバーチャルなESPリンクをして、自分たちで解決しようとすることに十分な力を注いでいないように思います。


リスクの問題は、常に非常に難しい問題です。なぜなら、リスクを軽減するのに十分な時間がない場合が多いからです。人々が何を求めているかを理解するのに十分な時間をかけても、その頃には船に乗り遅れることがよくあります。そしてもちろん、それほど重要でも意味のないことをやってしまうというリスクも常に存在します。ロースクールのあるコースは、ある観点から見ればリスクの低いコースだと言えるかもしれませんが、それでも、自分の人生で何か意味のあることをしないリスクが高いという意味では、非常にリスクの高いコースかもしれません。このように、リスクについては非常に複雑な方法で考えなければなりません。リスクとは、このように複雑な概念なのだと思います。

 

Q:最後発の優位性というのは、そもそも競争があることをすでに意味しているのでは?


A:そうですね、用語の問題は常にあります。私は、人々が一種の束になっているカテゴリがあると言いたいのです。独占的なビジネスは、本当に大きな先発者だったと思います。ある意味では、Googleは最初の検索エンジンではなく、それ以前にも検索エンジンは存在しました。しかし、ある側面では、他のどの企業よりも劇的に優れていました。ページランクや自動化されたアプローチを採用したのは、Googleが最初でした。ソーシャル・ネットワーキング・サイトはFacebookが最初ではありません。私の友人であるReid Hoffmanは1997年にソーシャルネットを立ち上げ、Social Netと名付けました。彼らのアイデアは、仮想のサイバースペースで、私が犬、あなたが猫になり、この仮想の別世界でお互いにどのように交流するかについて、さまざまなルールを設定することでした。Facebookは、リアルなアイデンティティを獲得した最初のサイトでしたから、Facebookが最後のソーシャルネットワーキングサイトになることを願っています。Facebookは、非常に重要な次元で最初のものであり、人々はしばしば、これらのものをひとまとめにしてしまうため、それが最初のものだとは考えないでしょう。


Q: もし、大学卒業後ゴールドマン・サックスに就職し、半年で退職して、今スタンフォードでCSを学んでいる人がいたら、その人の競争力をどのように見直すことをお勧めしますか?


A:私は心理療法的なことは得意ではないので、これをどう解決すればいいのかよくわかりません。これはハーバード・ビジネス・スクールで行われたものですが、反アスベルガー的な性格で、超外向的で、一般的に信念が薄く、アイデアが少ない人たちが、温室のような環境に2年間置かれ、最後には組織的に、最大のコホートが組織的に間違ったことをしてしまう、彼らは最後の波を捕まえようとするのです。1999年、Mike Milkenがジャンク債の件で刑務所に入る数年前に、誰もがMike Milkenと仕事をしようとしました。


1999年と2000年のドットコムバブルのピークのタイミングを除いて、彼らはシリコンバレーやハイテクには全く興味を示しませんでした。2005年から2007年までは、住宅やプライベート・エクイティなど、このような分野でした。このように、競争を正当なものとみなす傾向は非常に深く、これを避けるための簡単な心理的方法はないと思います。どのようなセラピーを勧めたらいいのか、よくわからないのです。


私の最初の出発点は、おそらく10%程度にしかなりませんが、この問題がどれほど大きなものであるかを過小評価しないことです。私たちはいつも、この問題は他の人たちを苦しめているものだと考えています。ビジネススクールハーバード大学ウォール街の人々のことを指していますが、実は私たち全員が非常に深い程度に悩まされているのです。私たちはいつも、広告は他の人たちに働きかけるもの、テレビの広告を追いかける愚かな人たちに働きかけるものと考えていますが、広告は明らかにある程度は働き、私たち全員に対して憂慮すべき程度に働きかけるもので、それを克服するために努力しなければなりません。


ありがとうございました。

 

 

Matplotlibサンプルコード

データを可視化する際に使えるMatplotlibサンプルコード

import numpy as np
import matplotlib.pyplot as plt

data = [10,20,30,40,50,60]
x = [0,1,4,18,20,25]
y = [0,1,2,3,4,25]


plt.plot(x, y, linestyle='--', color='blue', marker='o', label='test1')
plt.plot(data, linestyle=':', color='green', marker='*', label='test2')

plt.legend(); #ラベルの表示

plt.title('Demo') #タイトルの設定
plt.xlabel('X') #X軸ラベルの設定
plt.ylabel('Y') #Y軸ラベルの設定
plt.grid(True); #補助目盛の設定

>>>

                             

 

LinkedIn(リンクトイン)に登録したら詐欺メールが送られてきた

LinkedIn(リンクトイン)経由でメールアドレス宛にフィッシングメールが送られてきました。アメリカやカナダで転職活動に使用されるLinkedInに登録を行いましたが、怪しいメールが送られてきました。

 

 

詐欺師のメールアドレス: snr.acc.kim@gmail.com

本文:

I went through your linkedin profile and found it very interesting. It Would be great to exchange business proposals with you. We can have a discussion about it when I get feedback from you.
 
Best Regards,
Kristy Ivy Maney

 

このメールが来た後に私が自分の名前を名乗ってしまいさらなるメールが送信されてきました。どうらや相手は名前や私の詳細等は分かっておらず、具体的な目的もないままメールを送信しているようです。そして返信があった場合は具体的な話に移ります。

 

本文:

Hello XXX,

 

 Thanks so much for being able to respond to my email. I am a Chief Investment Officer (SVP) working with Nicolet National Bank,  United state. I have a vital position at my bank which made me a personal accountant to one Engineer (Eiji XXX) a foreign Investor in Bio-Technology, USA. who had an investment account with my bank. Unfortunately, my client died with his family during a summer trip in 2009, may their souls rest in peace.

 

He died without leaving a will, several efforts were made to find his extended family through your embassy without success. I received a notice last week to provide the next of kin or the account risk being transferred to the government (es-cheat) in 21 days' time. I am contacting you to assist me in repatriating the funds left behind by my late client since you both share the same last name.

 

This claim will be executed without breaching any state laws and success is guaranteed if we cooperate on this deal. The bank will release the account to you because you share the same last name with my late client and with my recommendation of you as the next of kin. I anticipate your cooperation. Treat this proposal with utmost confidentiality and urgency for 100% success. If you are interested, I will tell you what to do as soon as I receive your response back to me. The amount involved is 45,649,400 (USD), I propose we share the proceeds at 50:50, I think this is fair. I will give you all the necessary information about this deal when I get your response. I anticipate your cooperation, treat this proposal with utmost confidentiality and urgency for 100% success. Thanks, I await your response.

 

Best Regards,

Kristy Ivy Maney

Nicolet National Bank.

 

よくあるパターンの振り込み詐欺メールでした。

私と同じ苗字の人が死んだのでお金を振り込んでもらえればもっと大きな金額を支払うよというフィリング詐欺メールです。

 

原因はLinkedInアカウントを作成したまま設定などをいじらずに放置していたのですが、メールアドレスを第三者が見れるような設定になっていたようです。

公開設定を本人のみに表示と変更しておきました。

リンクドインで報告されている情報ですが、LinkedIn上には複数のフェイクアカウントが存在しており、他のユーザーの個人情報を集めるために繋がり申請を行い、申請できたユーザーのメールアドレス等を抜き取りフィッシングメールなどを送っているようです。

 

 

Web3.0エンジニアになるためのYoutubeサイトまとめ

Web3.0エンジニアになるためのYoutubeサイトをまとめてみました

 

これらサイトから知識を習得してWeb3エンジニアとしてスタートアップできるように頑張りましょう。

 

web3FM

広く浅いスタンダードなチャンネル。エンジニア目線というよりビジネスよりの話を聞くことが出来る。技術的な話や深堀などは少ないが、イーサリアム(Ethereum)などいろいろなコインの話を聞くことが出来る。まず、自分の興味のあるコインの話を聞くと良い。

www.youtube.com

 

Coin Club Japan

かなりコアな内容を学ぶことができるチャンネル。クリプトに命をかけています、本当に好きですという熱量を感じることが出来るのでオススメ。クリプト界隈はこのような人が引っ張っていかなければいけません。

www.youtube.com

 

Senshi Roi

仮想戦士ロイさんと一緒に学ぶYoutubeチャンネル。

www.youtube.com

 

DeFi Japan

最近は更新されていませんが、DeFiについて学ぶチャンネル。

www.youtube.com

 

3Blue1BrownJapan

更新頻度は多くありませんが、科学的な視点や原理を学ぶことが出来るYoutubeチャンネル。3Blue1Brownを和訳したチャンネルです。

www.youtube.com

 

日本暗号通貨ユーザ会(CCStudy)

講義ベースのYoutubeチャンネル。

www.youtube.com

 

ビットコイナー反省会

ビットコインやその他通貨の情報についてエンジニアよりマーケットよりのことを開設してくれるYoutubeチャンネルです。

www.youtube.com

 

Stanford Online 

シリコンバレーにあるスタンフォード大学。一部の講義についてYoutubeで閲覧することが出来ます。英語がメインですが、

www.youtube.com

 

freeCodeCamp.org

無料でプログラミングが学べるYoutubeチャンネル。一部和訳されているものなどが存在します。Web3だけでなくプログラミング全般を無料で学ぶことが出来るチャンネルです。

www.youtube.com

 

WIRED.jp

知的好奇心を満たすのならこちらのチャンネル。世界は今後どうなっていくのかなど未来の視点を掴むのにはオススメです。

www.youtube.com

 

Simplilearn 

全て英語ですが、エンジニア向けの学習チャンネル。

www.youtube.com

 

 

docker install時に WSL 2 installation is incomplete. と表示されるエラー

 

環境:Windows10

 

WSL 2 installation is incomplete.

 

The WSL 2 Linux kernel is now installed using a separate MSI update package. Please click the link and follow the instructions to install the kernel update:

 

上記のようなエラーが発生しました。

インストールされていたLinux カーネルが古かったようです。

learn.microsoft.com

 

解決策としては最新のパッケージをインストールします。

すると

無事接続が完了しました。

 

エンジニア視点から見るロマンス詐欺

ロマンス詐欺が急増している背景にはコロナなどオンラインでの出会いに抵抗がなくなったことが挙げられるだろう。警視庁の公表している統計データも増加傾向にあり、その多さを物語っている。また、日本は島国であり、これといった危機を経験してこなかったがアメリカなどはサイバー犯罪の取り締まりに力を入れており、日本国内ではそれといった諜報機関も存在しないことは問題だ。

 

ロマンス詐欺は利益率が高く課税の心配もない

 詐欺メッセージは高度化しており、従来の機械学習を組み込んだ迷惑メールフィルターが通用しなくなってしまっているのは言うまでもない。

 今後もこのような被害は増加していくことは間違いない。ロマンス詐欺で詐欺師が使うであろうサービスを一覧にして紹介したい。

 

SNS

詐欺師は常にターゲットを探しており、SNSや最新のテクノロジーを駆使してくる。

ロマンス詐欺の出会いのきっかけは様々だ。FacebookInstagramなどのSNSや出会い系アプリを通して海外の詐欺師が日本人を狙っていると考えるべきだろう。

       SNSやってます | 株式会社JOBBANK

 

This Person Does Not Exist

 このサービスは自動で人間の顔画像を作成してくれるサービスだ。アクセスすると自動で生み出された顔画像をランダムで表示してくれる。SNSなどのプロフィール写真を使う場合などに使えるだろう。もちろん存在することはない顔を自動で作ってくれるので詐欺師には便利なサービスだ。

www.thispersondoesnotexist.com

 

Generated Photos

 AI(人工知能)技術により、存在しない人物の顔写真を作成できるサービス。髪の長さや人種、瞳の色などについても設定することで顔写真を作ることができる。

generated.photos

 

Random Person/Name Generator

 すぐに使える偽のプロフィールをAIが自動で作成してくれるサービスだ。AIは高度化しており、このようなサービスで作られたプロフィールを見ても詐欺師なのかどうなのか見抜くのは困難だろう。

www.fakepersongenerator.com

 

Google画像検索

 あまりにも美女や美男子過ぎるプロフィール写真は疑うべきである。なぜなぜそれらの写真は海外のモデルのInstagramから持ってきただけの場合があるからである。同じような画像が使われていないのか検索してチェックしてみよう。また、相手の写真を保存する際にファイル名などにも注目すべきだ。iphoneやアンドロイド端末で撮影されたファイル名ではない特徴的なファイル名である場合は注意が必要だ。

 相手が住んでいる付近の写真を撮影してもらい、画像検索したりするのも有効だろう。画像検索して同じ写真が複数存在しているようであれば詐欺師である可能性が高い。

www.google.co.jp

 

Google Translate

 翻訳サービスとして王道なものはGoogle translateである。詐欺師は翻訳サービスを使用して不自然な日本を送ってくるだろう。日本語は助詞や助動詞など英語ほど簡単に正確に訳すことが出来ない。この点は日本語のメリットだろう。日本に住んでいた、親戚が住んでいると言っているにも関わらず、おかしい日本語が頻繁に送られて来たらまず詐欺師かどうかを疑うべきである。詐欺師の矛盾点に気づかなければいけない。

translate.google.com

 

DeepL Translate

 翻訳サービスで精度の高いAIが使用されているサービスである。Google翻訳より精度が高く、微妙なニュアンスの表現を訳すことが出来る。このサービスを使えば詐欺師でも簡単に精度の高い日本語のメッセージを送信することが出来てしまうだろう。

www.deepl.com

 

投資や資産運用の話が出たら

 投資や資産運用の話だ出てきたら残念ながらその人は詐欺師だろう。インターネットを使った詐欺は多様化しており、カジノコインリースによる詐欺、暗号資産のマイニング、不動産投資、海外資産がらみの詐欺、私募ファンド、プライベートバンク、非上場株・未公開株などこのような話が出てきたら100%詐欺だと思った方が良い。海外の友達や知人が多い人なら分かるが、仕事や資産運用の話をしてくることはない。あなたに儲かってほしいから紹介している、叔父や叔母が投資に詳しいと理由、知り合いが有名なトレーダーだという話をしてくることはまずない。

 

紹介されて運用したら資金が増えて信用して大金を振り込んでしまった

 これも非常によくあるパターンである。チャットなどで相手を信用させ、小さな成功を積み上げることで信用を得ようとする。

開発者が逃亡してしまった「イカゲームコイン」の価格推移

 仮想通貨やFxなどの運営プラットフォームやシステムなどはソフトウェアの開発者であれば作ることが出来る。私が以前に聞いた話では売買プラットフォームは約5000万円ほどで開発が可能であり、そこに信用させた何も知らない日本人に大金を振り込ませ金額が増えるようなシステムを構築するのである。詐欺師は巧妙にWebサービスや仮想通貨の売買プラットフォームから開発しているのである。そしてある程度大金が集まると売りぬいたり、システムにエラーが発生して抜き出せない等の問題を引き起こさせる。

 

 例え初期に5万円を振り込んで1万円お金が増えたから信頼できるのは誤りであり、そもそもが詐欺師が作ったシステム上話であり現実には増えていないのである。

増えた仮想通貨が下せない等の問題が発生するのは詐欺師がシステムから作っているためであり、振り込んだが最後と思うべき。

 

詐欺にあってしまったら

 詐欺師による詐欺は日々高度化しておりITや仮想通貨等に精通している物でなければ対応したり取り戻することは難しいだろう。残念ながら日本の警察も詐欺師が海外に住んでいるとなると対応してくれないのが現実だが、可能性は0ではないだろう。

何かしらのLogやデータが残っている可能性はあり、手掛かりはあるはずだ。

 

IPアドレスから住所検索:国、地域の特定

 IPアドレス/ホスト名/ドメインから住所「国、地域、郵便番号、緯度・経度」を確認することができるサービス。ではどうやって相手のipアドレスを特定すればいいのでしょうか。相手にURLを開かせるなど誘導させる必要があります。

rakko.tools

 

新たな暗号通貨犯罪「流動性マイニング詐欺」

 犯罪組織が偽のアプリ、悪意のあるスマートコントラクト、および偽の報酬で被害者を誘惑し、暗号通貨を騙し取っているというかなり面白い記事。

news.sophos.com

 

都道府県警察本部のサイバー犯罪相談窓口一覧

www.npa.go.jp

 

Internet Crime Complaint Center(IC3)

日本の警察だけでなくUSのFBIやIC3のインターネット苦情センターに苦情を申し立てみましょう。手助けしてもらえるかもしれません。

www.ic3.gov

 

Internet Crime Complaint Center(IC3)

FBIなどによる詐欺の年次レポート

www.ic3.gov

 

サクラ詐欺被害110番

悪質な出会い系や詐欺被害等の事例が記載されているサイト

deai-report110.com

 

AIやテクノロジーの進化に伴い詐欺師の手口はさらに巧妙に進化し続けるでしょう。

rmやdelコマンドを使っても空のフォルダが削除できないエラーが発生

PowerShellを使って適当なフォルダを削除しようとすると、以下のようなエラーが出ました。

 

実行環境:Windows

Vscode

 

 

エラー内容

FullyQualifiedErrorId : DirectoryNotEmpty,
Microsoft.PowerShell.Commands.RemoveItemCommand

 

コマンド

rm フォルダ名 -Force

-Forceコマンドを追加することで削除することが出来ました。

Githubからcloneしたフォルダだったのですが、権限の問題で削除することができなかったようです。

DeepMind Educational ResourcesをGitHubからクローンしてみる

DeepMind Educational ResourcesをGithubからクローンしてみた

 

クローンしたいGithubページにアクセスする

github.com

緑色のCodeボタンを押し、SSHを選択する。

git@github.com:deepmind/educational.git

 

 

コマンド

git clone git@github.com:deepmind/educational.git

git@~からは各ページのアドレスが表示される。先ほど表示されたものをコピーして貼り付ける。パスフレーズを求められたら公開鍵と秘密鍵で設定したものを入力する。

 

Are you sure you want to continue connecting (yes/no/[fingerprint])? 

と表示されるのでyesと打ち込みEnterを押すとダウンロードが開始される。